決済サービス「Stripe」を希望仕様通りにカスタマイズするには?|コーディング、Web開発の外注、代行ならコーディングアライブ

Chat Work

mail

blog

ブログ
  • HOME
  • ブログ
  • 決済サービス「Stripe」を希望仕様通りにカスタマイズするには?

決済サービス「Stripe」を希望仕様通りにカスタマイズするには?

Writer

アライブテックチーム

Webサイトに決済機能を導入したい

コロナ禍以降、DXが急速に進んでいる日本で、Webに関わる色々なご依頼をいただきます。

その中で、特に最近お問い合わせが多いのが、Webサイトに決済機能をつけたいというものです。

・自社サービス(在庫の概念がない)をサイト上で販売したい
・ブログの定期購読申し込みと決済をサイト上で行いたい
・複雑ではなく簡単な決済ができるようにしたい

・一つの商品のみを販売したい
・サブスクリプションサービスのための決済を導入したい

などご要望は様々。

しかし、今までは決済機能を導入しようとすると
多額の開発コストがかかったり、ECのカートシステム(ASP)などを使って月額費用などがかかる、簡単な決済を入れたいだけなのに複雑なカートを使うしかないなど、導入にはハードルが高いものばかりでした。

そんな中、手軽に決済機能を導入できるサービスとして日本でも急速にシェアを伸ばしているのがStripe」です。

Stripeは、月額費用は必要なく、決済ごとに手数料が3.6%かかる仕組みなので、初期導入費をかけずに手軽にスタートできます。

基本的な定期決済、単発決済なら、管理画面上から簡単に決済リンクを作成でき、すぐにサイトに埋め込むことが可能です。

例えば、以下のテストサイトのように
https://stripe-test.alive-web.tech/  (stripe/stripetest)
「テスト商品購入」ボタンをクリックすると、Stripeの決済画面に遷移するような決済機能が、簡単に実装できます。

カスタマイズを行うにはAPIを用いた開発が必要

ただし、デフォルトの仕様は簡単に設置が可能ですが、お客さまが希望する仕様通りしようとすると、カスタマイズのためにAPIを用いた開発が必要になってきます。

・定期購入で期間によって金額を変更したい (1ヶ月目3,000円 2ヶ月目 5,000円 3ヶ月目 10,000円など)
・フォームと連携して、決済完了後にメールを送りたい
・顧客用の管理画面を作りたい
・毎月10,000円の決済をして、1年後には自動で支払い終了になるようにしたい

などなど、ご要望に合わせた仕様にカスタマイズ対応が可能です。

その他、「デフォルトの仕様では満足できない」「これって実現できる?」といった疑問があれば、ぜひコーディングアライブにお問い合わせください。