blog

ブログ
  • HOME
  • ブログ
  • Internet Explorerがいよいよ完全終了。なぜ重要なのか?

Internet Explorerがいよいよ完全終了。なぜ重要なのか?

Writer

Fernando Eiras

Web developer

Internet Explorerブラウザーの最初のバージョンは1995年にWindows 95のパッケージの一部としてリリースされました。世界初のブラウザの1つであり、1998年にNetscapeを超えて最も人気がありました。
同じ年に、マイクロソフトは米国政府と戦い、米国司法省は、ソフトウェアの独占を拡大するために、スロットル競争を違法にしたことでマイクロソフトを不正行為で訴えました。
しかし、Internet Explorerはまだ企業やユーザーなどに大人気でした。
2009年に、Microsoftは組み込みブラウザの独占を再び失い、Google ChromeやFirefoxなどの他の競合他社の成長を可能にしました。 崩壊は2012年だけに発生しましたが数年後でも多くの国でまだ使用されていました。

2022年6月15日、27年後、InternetExplorerはいよいよ完全終了されました。

 

InternetExplorer終了とはどういう意味ですか?
MicrosoftはIEのセキュリティやアップデートなどを取得し続けることはありません。
MicrosoftのEdgeブラウザーで「InternetExplorerモード」を使用して、引き続き使用できます。

 

誰がまだInternet Explorerを使用していましたか?
残りのユーザーがほとんど、IEに基づいて独自のシステムを開発し、更新しなかった企業や政府機関などです。
まだIEを使用してるユーザーの場合は、ChromeやEdgeのような安全なブラウザに変更してください。
企業の場合は、IE依存システムがあれば、セキュリティのために更新する必要があります。

そして最も重要なのは…

 

IE終了から何を学ぶべきか
Internet Explorerは、ITの知識が豊富なところではかなり前に放棄されましたが、数年前にはまだ多くのユーザーがいるところもありました。

Internet Explorerのデメリット – ユーザー側
クレジットカード番号、パスワード、メールなど、ユーザーが抱えているセキュリティの問題を想像してみてください。対応してないサイトもいっぱいありました(例:Tweeter)
または速度も遅かった…

Internet Explorerのデメリット – 開発者側
Web会社のたちばで、Webサイトを開発している際にクライアントがIE対応してほしい背景を想像してください。 IEは最新の技術をサポートしていないから、自分の案件でも使用することはできません(革新することはできません)。 そして、バグを修正するだけで何時間もかかりす。

IEの長い生きは経済にとってかなり悪かったと思います。

しかし、すべてマイクロソフトのせいにすることはないと思います。 学ばなければならない教訓は、私たちが新しいものに適応する必要です。 当たり前なことですが、たったいまどこかのビジネスの暗いダンジョン、まだWindowsXPを使用している人がいると思います。

世界中ではIT文化をまったく奨励しない企業はまだ多いです。 今回はInternetExplorerでしたが、将来は、別のアプリでも同様の問題が発生する可能性が高いです。
企業は、Webシステムが永遠に続くことはなく、更新に投資する必要を認識することが大事です。
エンジニアのことではなく、 社員に、テクノロジー通じてイノベーション文化を促進することで。

新しいテクノロジーによって、革新やビジネスの機会がもたらされます。
穴居人にならないように、自分自身を革新しよう!